針灸院における効果的な集客方法を詳しく解説!

針灸院における効果的な集客方法を詳しく解説!

今から2000年以上前に古代中国で誕生した針灸医学。その針を体に接触または刺入し、身体の変調を直すという特異な技術は、仏教と時を同じくして日本に伝来しました。その後、針灸技術は現代に至るまで受け継がれ、2008年には世界保健機構(WHO)により、針灸治療で用いるツボ(経穴)が国際的に標準されました。現在の針灸治療は、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行う統合医療の中で、有力な治療法のひとつとして世界的に脚光を浴びています。

そんな針灸治療を扱う針灸院でも、経営を成功させるためには集客が不可欠です。どれだけ素晴らしい技術を有していても、顧客を獲得できなければ針灸院は立ち行きません。

本記事では、針灸院における効果的な集客方法を詳しく解説します。

針灸院における集客

「集客」は、自院のサービスを発信して顧客を引きつけるまでの一連のアクションのことを指します。戦略的な集客活動により、針灸院の認知度を上げ、新たな顧客を獲得し、売上や利益を伸ばすことが可能です。

効果的な集客戦略を策定する際には、経営者は針灸院に対して顧客がどのような気持ちを抱いているかを理解する必要があります。しかし、全ての顧客が自院に対して同じ気持ちを抱いているわけではありません。

より多くの顧客を獲得するには、顧客を段階的に分類して、それぞれに有効的な集客方法を策定することが必要です。

5段階の顧客ターゲット

集客において、顧客ターゲットは5段階に分けて考えることができます。

  1. 『潜在顧客』
    潜在顧客は、まだ自社の商品やサービスを知らない、もしくは興味がない顧客を指します潜在的なニーズはありますが、そのニーズを満たす手段として自社の商品やサービスを認知していません。針灸院の場合だと、体の不調を感じていても、その対策として、自院の針灸治療を認知していない状態の顧客です。
  2. 『見込み客』
    見込み客は、潜在顧客よりも検討段階が一段階進んだ状態にある顧客のことを指します見込み客は自社の商品やサービスを既に認知し、購入を検討している場合があるため、具体的なきっかけがあると実際の購入につながる可能性が高いです。
  3. 『新規顧客』
    新規顧客は、何らかのきっかけにより実際に商品やサービスを購入した顧客のことを示します。購入という大きなハードルを越えた後は、どれだけ継続した関係を続けられるかが課題となります。
  4. 『既存顧客』
    既存顧客は、自社の商品やサービスに好感を抱き、定期的に購入してくれる顧客のことを指します新規顧客よりも獲得にコストがかからず、企業にとって大きな収入源となります。

  5. 『優良顧客』
    優良顧客は、定期的に購入してくれるだけでなく、口コミや知人への紹介もしてくれる顧客です企業が最終的に目指す顧客の在り方で、大きな収入源だけでなく、新規顧客の獲得にも効果があります。

これらの顧客ターゲットは、それぞれ異なるアプローチを策定する必要があります。

顧客ターゲットごとの目標

集客を成功させるためには、上記の5つのターゲットに対してそれぞれ目標を定めて、適切な集客方法を選ぶ必要があります。針灸が設定するべき目標は以下の通りです。

1.潜在顧客

自院がどれだけ優れた施術を提供していても、それが顧客に知ってもらわなければ、来院者を獲得できません。さまざまな媒体を活用し、商品やサービスの存在を知ってもらうことが必要です。潜在顧客へのアプローチは、多くの人の目に触れる媒体を用いた集客方法が適しています。

2.見込み顧客

激化する競争の中で自院を選んでもらうためには、他院と比べてどれだけ自院が優れているのかを理解してもらうことが必要です。針灸院の存在は認知されているため、SEO対策を用いたオウンドメディアやWEB広告が有効です。

3.新規顧客

自院の施術を知ってもらい、比較検討をして購入してもらった地点がゴールではありません。再度の利用を促すためにリマインド施策を行うなど、新規顧客を定着化させるアクションを行う必要があります。

4.既存顧客

新規顧客を集めるだけでなく、既存顧客の離脱を防ぐことも集客施策です。サービスの質を改善したり、新規の施策を行います。そうすることで、顧客に愛着を持ってもらうことが可能です。顧客の定着化に向け、定期的に情報を届けられる媒体を持つことも有用です。

5.優良顧客

自院に対して深く愛着を持った優良顧客に対しては、親密度を下げないようにし続けることが求められます。優良顧客との親密度を高めるためには、一人ひとりの興味やニーズを反映した情報提供が欠かせません。SNSやメールでのこまめなやり取りなど、より直接的な関係を築く必要があります。

効果的な集客方法

集客方法は大きく分類すると、オフラインとオンラインの二つに分けられます。

オフラインの施策

ここでは、オフラインの施策について解説します。オフラインの施策は、基本的に潜在顧客に有効です。

折り込みチラシ

折込チラシは、新聞にチラシを折り込み、配布をする施策です。特定のエリアへ確実にチラシの配布ができるため、エリアを絞った集客を目指す針灸院におすすめです。

1枚あたりの単価が比較的安く、大量配布が可能なため、多くの人に宣伝することができます。しかし、紙面の大きさの問題で掲載できる情報に限界がある点や、新聞の購読者のみが対象となる点がデメリットとして存在します。

ポスティング

ポスティングは、チラシを直接ポストに投函する集客方法です。折り込みチラシと違い、直接チラシを配布するため目に留まりやすく、新聞購読者以外にも配布できます。チラシ印刷と配布には費用がかかりますが、エリアを絞った集客方法としては効果的です。

一方、地域によっては迷惑防止条例などによってポスティングが禁止されている場合がるので、違反行為にならないように注意する必要があります。

看板広告

看板広告は、ビルや大通りなどに掲げる看板に広告を掲載する集客方法です。多くの注目を集めるため、院の認知拡大をする際に用いられます。また、初期費用を投資すれば、その後は広告枠の支払いのみで長期的に宣伝できる場合が多いのも特徴です。

デメリットとしては、看板が太陽や雨風を受けた際に劣化がしやすい点や集客の効果測定が難しい点となります。

地域情報誌

地域情報誌は、地域にある店舗や治療院、コミュニティなどを紹介するフリーペーパーのことです。地域に住む人々の関心に合わせた内容が提供されており、その点にそって広告作成をすることが求められます。また、地域の情報雑誌に掲載されることで、自院の信頼性を向上させることが可能です。

一方で、地域情報誌の広告面積が大きくなるほど、掲載料が必要となります。広告効果と掲載料のバランスを見ながら、予算を決めていくことが大切です。

車内広告

車内広告は、電車やバスの車内に掲示する広告です。電車やバスを利用するユーザーの目に留まるため、学生から高齢者まで幅広いターゲットにアプローチできます。

また、車内広告は、顧客が通勤や通学で同じ広告に繰り返し接触するため、認識されてもらえる確率が高いです。掲載する電車やバスによって、費用が異なるため、複数の運行会社を比較して検討する必要があります。

ダイレクトハンド

ダイレクトハンドは、駅前や街頭など主に人通りの多い場所で、直接手渡しで広告物を配布する集客方法です。 ダイレクトハンドは場所を特定し、比較的狭い範囲内の消費者に訴求する方法としてよく利用されています。直接消費者に手渡しをすることから配布するターゲットを特定し、より効果的な告知を行うことが可能です。

オンラインの施策【オウンドメディア】

オンラインにおけるオウンドメディアの施策は、潜在顧客だけでなく、既存顧客や優良顧客にも有用です。

SNS

SNSを用いた集客は、近年最も注目されている集客方法の一つです。SNSの最大のメリットは情報が拡散されやすいことであり、効果的に行えばコストをかけることなく、幅広いSNSユーザーに対して自院の宣伝をすることができます。

また、顧客と双方向のコミュニケーションが気軽に取れるため、新しい顧客を獲得できるだけでなく、顧客が院から離れることも防止できます。SNSによって属性や使い方などが異なるため、特色に合わせた発信を意識することが大切です。

ホームページ

自院のホームページを活用して集客する方法です。ホームページは集客の基本であり、自院でサイト制作や運用ができない場合は外注することも可能です。必要なタイミングで最新情報に更新でき、状況に合わせた集客の対策を講じられます。

自院アプリ

自院アプリは、自院の施術やサービスを活用する消費者向けに作られたツールです。自院アプリは、自院のブランディングを消費者に認知してもらえるため、興味関心が高い顧客を獲得できます。また、自院アプリを作り、アプリ内にポイントカードを作ることで顧客の利便性を高め、満足度を向上させることにもつなげられます。

オンラインの施策【ネット広告】

SNS広告

SNS広告は、SNSプラットフォームに配信する広告のことを指します。一般の投稿と同じ形式で広告配信できるため、顧客に広告感を出すことなく自然にアプローチすることが可能です。

SNSはそれぞれメインの利用者層が異なり、例えばInstagramは20代~30代の女性、Facebookは30代〜40代のビジネス層の利用者が多いです。集客したいターゲットと相性の良いSNSを選択することが求められます。

リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索キーワードに連動して配信できる広告のことで、有料でできるSEO集客ともいえます。メリットは、ニーズを持ったユーザーに効率よくアプローチできることによる、即効性です。

広告費は、URLをクリックされるごとに発生する仕組みになっているため、予算を決めて広告を行う必要があります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告スペースに表示されるバナー形式の広告です。画像や動画で視覚的に訴求できるため、ビジュアルを軸に魅力を伝えたい針灸院に向いています。

ターゲットを絞ったリスティング広告と違って、ディスプレイ広告は幅広いユーザーに認知拡大したい場合に効果的な集客方法です。

広告費は、広告をクリックされるごとに発生する仕組みになっているため、予算を決めて広告を行う必要があります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、ブログやWebサイトの運用者に宣伝を依頼し自社サイトに集客する集客方法です。

クリック数や来院に繋がった数など、予め設定した成果に応じてコストが発生する成果報酬型広告であるため、費用対効果が高いというメリットがあります。

メール広告

メール広告は、その名の通りメールを使ってユーザーにアプローチする広告のことです。メール広告は、事前にユーザーが登録した情報に基づいてメールを配信するため、細かくターゲティングすることができます。

また、メール広告は比較的多くの文字数を使用できるため、情報量が多い広告を出稿する場合に適してます。

近年における針灸院のDX化

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、企業がデジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセス、企業文化などのを根本から変革することを指します。近年、急速に広がっているDX化の波はあらゆる業界に来ているため、他の院との競争に負けないために、針灸院のデジタル化は不可欠です。

針灸院をDX化することで、費用の削減や業務の効率化、集客における効果の向上などのメリットが見込まれます。具体的なデジタル化の手段としては、遠隔診療の導入や顧客のデータ分析の活用、上記で紹介したオンライン広告や予約システムの導入などが挙げられます。

針灸院の予約システムとは

針灸院の予約システムは、院の予約や顧客の管理を自動で行うシステムです。院における業務の効率化はもちろん、集客に役立つ機能を数多く搭載しています。ここでは、予約システムの導入メリットと、針灸院に役立つ予約システムの機能について解説します。

針灸院における予約システムのメリット

予約システムを導入することで、眼科クリニックの無人受付において大きな手助けとなります。以下は、そのなかでも特に効果的なメリットです。

・業務効率化
予約システムは予約受付や顧客情報を自動で管理します。人の手により紙やExcelで管理する必要がありません。書き間違いや聞き間違いなどの人為的ミスも発生しなくなり、正確で効率的な眼科クリニックの運営が実現します。

・費用削減
予約システムの自動管理機能は、費用の削減にも効果的です。予約や顧客の情報はデータ化されるので、大量の紙や管理するスタッフに費やしていた経費は低減されます。

・マーケティングの強化
予約システムを通じて集められる顧客データを分析し、ターゲット市場の動向や顧客需要を把握することができます。このデータを基に、効果的なマーケティング戦略を立案可能です。

・顧客体験の向上
予約の確認や変更をオンラインでかんたんに行えることで、顧客の利便性が向上します。また、待ち時間の短縮やスムーズな受付が実現し、顧客満足度も高められます。

針灸院に役立つ予約システムの機能

予約システムは数多く存在しており、それぞれ搭載している機能は違います。下記に、針灸院に役立つ予約システムの機能を紹介します。

  • カルテ機能
    カルテ機能は、予約ごとに顧客対応時の記録や、顧客の特記事項などを記録できる機能です。予約や顧客情報の管理、施術当日のカルテ記入などの業務など、あらゆる面で業務を効率化できます。
  • クーポン機能
    クーポン機能は、予約促進に役立つ割引クーポンを、予約システムから手軽に発行できる機能です。来院率の向上や、顧客ロイヤリティの向上に役立ちます。
  • キャンセル待ち機能
    キャンセル待ち機能は、予約が埋まっている予約枠にキャンセルが生じた際、キャンセル待ちをしている予約者に対して自動で通知する機能です。顧客獲得の機会を逃さず、効率的な針灸院の経営を実現します。
  • 多言語設定機能
    多言語設定機能は、予約サイトの文言を対応している外国語表示に切り替えられる機能です。日本語力が十分でない外国人顧客に向けた予約サイトを作成できるため、さらなる顧客獲得につなげられます。

まとめ

今回は、針灸院における効果的な集客方法を詳しく解説しました。

集客方法は大きく分けてオフラインとオンラインという、2種類に分けられます。オフラインの施策は潜在顧客に効果的であり、オンラインの施策は潜在顧客だけでなく、既存顧客や優良顧客にも有用です。

DX化が進んでいる近年では、針灸院の経営にデジタル技術を活用することが、厳しい市場で生き残るために不可欠な要素となります。針灸院のDX化は、集客だけでなく、費用の削減や業務の効率化どにも効果的です。

針灸院の集客で悩んでいる人はぜひ、本記事を参考にしてください。

針灸院の運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!
美容室運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!画像引用元:RESERVA公式ホームページ

針灸院の運営におすすめの機能が豊富な予約システムRESERVAを紹介します。「RESERVA(レゼルバ)」は導入数26万社を超え、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約管理システムです。RESERVAは、業界・業種問わず350種類以上の業態で利用されています。

パソコン・スマホ・タブレットに対応しており、最短3分で予約システムを作成できます。管理画面もシンプルでわかりやすいため、初めての予約システムに最適です。予約受付・顧客管理をはじめとする多くの機能が無料から利用可能で、開業直後の忙しい時期でも使うことができます。

RESERVAに搭載された豊富な機能は、業務効率の改善や費用の削減だけでなく、針灸院の集客にも大いに役立ちます。ぜひ利用を検討してみてください。